キョードー大阪
メール会員募集!
KEP iPhoneアプリ

注目コンテンツ

学園祭をバックアップ!
実行委員必見!学園祭を盛り上げるお手伝いを致します!
情報誌の購読案内「KEP」
チケット先行発売などイベント情報が盛り沢山なフリーペーパー!

モバイルサイト

モバイルサイト今すぐアクセス!携帯電話から気軽に最新情報をゲット!
QRコード


メール会員募集〜入会金・年会費無料〜トップページよくある質問Q&Aキョードー大阪からのお願い
先行予約一覧公演カレンダー最新イベント特集プレイガイド
トップ  >  公演一覧  >  「漂流劇 ひょっこりひょうたん島」

公演情報

 

「漂流劇 ひょっこりひょうたん島」

特集サイト >>

■脚本
宮沢章夫・山本健介
■演出・美術
串田和美
■音楽
宇野誠一郎・宮川彬良
■出演
井上芳雄(マシンガン・ダンディ)/安蘭けい(サンデー先生)/山下リオ(博士)/
小松和重(テケ)/山田真歩(プリン)/一色洋平(海賊)/久保田磨希(チャッピ)/
内田紳一郎(ダンプ)/真那胡敬二(海賊)/大森博史(海賊)/中村まこと(海賊)/
串田和美(?)/小松政夫(トラヒゲ)/白石加代子(ドン・ガバチョ)





「漂流劇 ひょっこりひょうたん島」観劇レポート

濃い"住人たち"の登場に子ども時代のワクワク感が蘇る!

 しーっ、何か聞こえる。ひそひそ声、街の喧騒? どれとも違う。例えるなら、光や時間を音にしたらこんな感じだろうか。時空の狭間をたゆたうような気分でいると、半透明の壁の向こうから島の住人たちがやってくる。続々と頼りなく、操り人形みたいな足取りで(とくに安蘭けいさん!)。口々に何かを話してる。宇宙の摂理、郷里の風景、家族で囲んだ夕げの話……あ、ここは"記憶の部屋"か。そう思い至った瞬間、ドゴーン、ボカーン。衝撃音と共に真っ暗になった。ええ、一体何が始まるの――!? 不可思議な幕開けに、思わず前のめりにならずにはいられない。故・井上ひさしの原点が詰まった"ひょうたん島"を伝説的なギャグユニットを率いた宮沢章夫、その教え子の山本健介が演出の串田和美とともに新たに脚本化。串田らしいユーモアと美しさを交えて舞台作品に仕上げた。チャプチャプ波音弾ませて、大地を揺るがせ突き進む。誰も見たことのない漂流劇が、遂に大阪へ"漂着"する。

島の宝を求めて冒険と記憶の旅へ!

 「海賊が来るぞー!」。ひょうたん島の宝を巡る、海賊VS島の子どもたちの物語。だが、島がどこかの陸地へ激突する度レコードの針が飛ぶように、次々と場面が切り替わる。冒頭の記憶の断片をつなぎ観るような構成だ。登場人物は大統領から殺し屋まで、いずれも大人の皮を被った子どものよう。「〜であるからして」ともっともらしく唱えても中身はなく、周りも集中力が続かない。次から次へと連想ゲームを楽しむ要領で何でも遊びに変えてしまう。そういえばあの頃、無いものは想像力で補い、仲間同士では通じるルールがあったよなと、子どもは無条件で共鳴し、大人は当時の記憶が懐かしく思い出されるはずだ。

井上芳雄が美声とともにコメディセンスを発揮する!
こんな愉快な安蘭けい見たことない!

20〜70代の役者たちもひょうたん島の濃い住人たちを演じることが心底楽しそう。太鼓腹にちょび髭姿が可愛らしいドン・ガバチョ役の白石加代子、瞳をパチクリ輝かせ観客イジリも厭わないサンデー先生役の安蘭けい、井上芳雄がマシンガン・ダンディ役で拓いた新境地(独白付きの登場や見えない敵との死闘)も素晴らしく愉快だ。そして特筆すべきは小松政夫。登場するだけで場が緩む至芸に、会場にいる誰もが声を上げて笑わされた。木製の大小2つの円台が縦に並ぶひょうたん型のステージは、かすれたドローイングや絵の具の痕跡が図工室の床みたい。実際、学校のチャイムが聞こえる場面もあり、楽し気な過去の記憶や素敵な物語が始まる気配がそこここに潜んでいる。生演奏やダンス、ふわりと終わるエンディングも夢のようで、観劇から数日経った今もふいに「ひょっこりひょうたんじーまっ♪」と口ずさむ、ウキウキ感が継続中だ。

(取材・文/石橋法子)


日時
2016/01/15(金) 19:00
2016/01/16(土) 13:00 / 18:00
2016/01/17(日) 13:00
会場
シアターBRAVA!
金額(税込)
特設S ¥11,000
S ¥11,000
A ¥9,500
備考
・全席指定
※未就学児入場不可。
チケット発売日
発売中
プレイガイド
ぴあチケットぴあ 0570-02-9999
ローソンチケットローソンチケット 0570-08-4005
CNプレイガイドCNプレイガイド 0570-08-9999
イープラスイープラス
シアターBRAVA! (発売日翌日以降・窓口のみ)
阪神プレイガイド (窓口のみ・11:00〜19:00)
Pコード:446-970
Lコード:58387

[専用URL]
http://w.pia.jp/t/hyotanjima/
http://l-tike.com/hyotanjima/
http://cncn.jp/hyotanjima/
http://eplus.jp/hyotanjima/
※ この内容は予告無く変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。